第5章 スパイ #14



 巳咲の部屋には、双子の部屋にあるようなテーブルがない。それでもみんな習慣からか、気づくと輪になって座っている。

「……ねぇ、こういうのを、『本末転倒』って言うんじゃないのかなぁ?」

 秋生の声は結構大きかったが、あえて誰も耳を傾けなかった。巳咲のママが作ったシュークリームを食べるのと、音楽雑誌を見ることに、全神経を集中していたからである。
 秋生は「フン」と、鼻を鳴らした。

「あのさぁ。これじゃあ順番が違うよね? 『作戦が成功したらライヴに行く』んだから、まずは作戦に取り掛かるのが、物の道理でしょ?」
「……はいはい」
「そりゃ、お祝いを先に決めた方が、やる気が出るかもしれないけどさ」
 要するに秋生は、作戦を立てたいだけ、というか。
「ねぇ!! わざわざ家から持って来たんだよ!? ほら!!」
 秋生はみんなの輪のド真ん中に座り直し、一冊のノートを掲げて見せた。いつぞや見かけた、例の『ナゾのスパイ集団・ネバーランド』である。
「ほらぁ、早くコレに、作戦を書き込もうよ!!」
 つまりは、作戦を事細かに、ノートに書き込みたいのである。
「……」
「あ、ハル!! それ、アキオのだよ!!」
「うるせぇな、早く食わないヤツが悪いんだよ」
「……(怒)」
「大丈夫だよアキオ、シュークリームならまだたくさんあるから……」
 巳咲は少し、秋生がカワイソウになってきた。いや、面倒になってきた、の方が正しいかもしれない。

「問題は、シュークリームじゃないんだよ」
 秋生はアイスティーを飲み干して、みんなの輪の中心で、叫んだ。
「つーかさ、みんなちゃんと、話し合おうよ!!」

 秋生の、こういう変にマジメなところが面倒なのである。面倒だが、相手をしないともっと面倒なのである。
 巳咲はイラッときて、思わずある方向を指差した。
「ねぇアキオ。モタモタしててチケット取れなかったら、どうすんの?」
 あえて、言うまでもないが。巳咲が指差したのは、秋生も大好きなマーブル・クエーサーのポスターである。
 そして更に。秋生がすぐに納得したことも、言うまでもない。

 
続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 02:23 | Comment(29) | TrackBack(5) | 第5章 スパイ

ナゾのスパイ集団・ネバーランド(その1)



◆「ネバーランド」とは?

要するに、『アナタの子供の幸せな未来をサポートします』という、おせっかいなサイト。

正式名称:NEVERLAND
      HAPPY TOMORROW〜for our children〜

URL:http://neverland.…………/


◆サイトの流れ

@トップページ:ピーターパンもどきが、自問自答。
 「ねぇ、大人になるには、どうしたらいいの?」
 「子供たちの明日は、世界の明日なんだね」
 「子供たちは、家庭という宝箱で大切にされてるんだね」
 「じゃあボクも、彼らが素晴らしい大人になるために、手伝うよ」
 イタイことを言いまくり、ピューンと飛んで行く。

A会員登録(無料)へ。
 ID・パスワードを取得しないと、これ以上先に進めない仕組み。

B登録後、各コンテンツへ。
・最新情報(無料):各コンテンツの最新一覧。
・ネバーランド通信(有料/月額500円):サイト発信のニュース番組と、会員からの投稿映像の二本立て。各リストから、見たい映像を選べる。(毎週月・金更新)
・掲示板:会員同士が書き込みで情報交換(主に子供のしつけについて相談)をする場。基本的には無料だが、月額500円で私書箱が設定でき、特定の会員間だけで悩みを相談できる。
・耳寄り情報:子供の管理に役立つグッズの紹介と販売。一番人気は、子供の居場所がいつでもケータイで確認できる発信機内蔵バッジ。ネバーランド通信(たぶんミサキちゃんが見た回)でも紹介された超小型のワイヤレスカメラも、過保護な親に好評価。
・会員にはメールマガジンも配信している。

◆総合評価
・安直すぎるタイトル、ナビゲーションのピーターパンもどき、正直見ていて恥ずかしい。むしろ、痛々しい。
・訪問者がトップページだけでサイトのコンセプトを理解できる点は、評価できる。
・ページ構成がわかりやすく、パソコン初心者への心づかいがうかがえる。
・子供から見れば、ウザイだけ。

◆結論
 ネバーランドは、親心につけこんで子供のプライバシーを売りつける、偽善的なスパイ組織だ!!
posted by レイジ・レーベル at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋生の極秘ファイル

無敵のバンド計画〜その1〜



■メンバーとパート
 ボーカル:ミサキ 
 ギター:ケイト
 ベース:アキオ  
 ドラム:ハル
 キーボード:カスミ

■バンドの名前候補 
 ・CRAPS(参考)   
 ・クラストスノウ(参考)   
 ・藤野ファイターズ  
 ・スプリンガーズ       
 ・ファイブパンカーズ 
 ・毒虫(とりあえず仮名?)
 ・う
 ・バイキング
 ・メイプル・クエーサー
 ・小杉藤水

※聞いただけで、どういうバンドなのか、イメージできる名前が良い。
※ハルの希望は、パンクっぽい名前。
※インパクトがあって、覚えやすい名前であることも重要。
続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋生の極秘ファイル

第5章 スパイ #13



「『知らねぇ』じゃないよ、ハルがうっかり『買い物カゴ』クリックしたからじゃん!!」
「はぁ? オレはちょっと触っただけじゃねぇか!!」
「だからそれが、『買ったこと』になっちゃったんだよ!!」
 双子は罪をなすりつけ合いながら、それぞれゴチャゴチャ説明しだしたが。

「……あの、2人同時に言われても、わからないから」

 どっちがヘマをやったのか、巳先にとってはどうでもいい話である。どうせハルが悪いに決まってるし。
「あの、とりあえず、ケンカは後にしてくんない? さっさとしないと昼休み終わっちゃうよ?」
 
 さて、双子の話をまとめると、こうである。
 昨日、双子宅に、小包が届いた。宛名が『藤野樹生様』だったので、もちろん本人(双子の父)が開けた。そして中に入っていたのが、盗撮用の小型カメラだった訳である。当然、父には思い当たるフシがないので、家族全員に聞いてみた。

「オレが『懸賞当たったんじゃねぇ?』て言ったら、『じゃあなんで金を払うことになってんだ?』って」
「それでボクも、『新手の詐欺じゃないの?』ってトボけて。『相手にすることないよ』って言ったんだけど……」
「あのアホが、電話かけて『オマエらこのオレをだまそうってのか!? いい度胸じゃねぇか!!』ってケンカ売ってた」
「……で、結局、着払いで送り返したんだけど。もう本当に慌てたよ、向こうが『パソコンに履歴が残っているはず』とか言ったらしくて、もう慌てて履歴消してさぁ……」

 つまり、単にカメラが家に届いただけの話であった。結局バクちゃんは、例のサイトのことも、実は双子たちが見たことも、間違えてカメラを買ってしまたことも、知らないのだ。
「誰だよ、『親父にバレた』とか言いやがったの……」
 霞はものすごい形相で、秋生をニラんだ。そして珪人も。どうやら「バレた」と聞いて焦ったのは、巳咲だけではなかったらしい……。 続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第5章 スパイ

第5章 スパイ #12



「え、マズイじゃん!! 例のサイトって、『ネバーランド』のことだよねぇ!?」
 巳咲は思い切り動揺したが、珪人はともかく、誰も慌てる気配はなく。

「……ねぇ、『マズイ』って、何がマズイの?」
 霞はキョトンとみんなを見回し、巳咲の肩をチョンとつついた。
「バクちゃんにバレて、何かマズイことでもあるの?」
「……『何か』って言われても」
 バレた、って聞くと、マズイって言いたくなるじゃん……単に巳咲は、条件反射で動揺してしまっただけである。

「……そうだよね、べつにマズくもないか」
 バレたのが霞の母上様ならともかく、双子の父である。実の息子ですら「アイツは本当にオトナなのか?」と疑うような、あのバクちゃんである。
「だいたいウチの親父が、あんなの見ると思うか?」
「それは絶対、思わない」
 いつでも子供の味方(つーか自分が子供)のバクちゃんが、あんな『徹底管理教育』的なサイトを、見る訳がない。だいたい、そんなに教育熱心な父親だったら、双子はこんな性格になってない!!

「でも、どうしてバレたの?」
 霞の母上様ならともかく、子供はノビノビ育てる主義(つーか野放し)のバクちゃんである。息子のやることに、いちいちチェックを入れるはずがない。
「だって、見てる時に部屋入って来たりとか、なかったんでしょ?」
「うん、それはね、なかったんだけど……」続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第5章 スパイ

第5章 スパイ #11



 双子と霞は、屋上までは出ずに、その手前の階段で、巳咲と珪人を待っていた。

「……ゴメン、遅くなった」
 慌てて階段を駆け上がろうとすると、霞が真ん中あたりまで下りてきた。
「遅いよ、もう私、クマさんの話、しちゃったよ?」
「だって、ケイトが給食当番だったんだもん」
 巳咲は大げさなため息をついて、双子よりもちょっと下にドカッと座った。
「……で、ケイトくんには、話したの?」
 言いながら、霞も巳咲の隣に、スカートを気にしながらチョコンと座る。
「……いや、話したというか……」
 口ごもっていると、珪人は「聞くも何も」と呆れながら、双子をまたいで一番上に座った。
「……聞くも何も、オマエらがニブすぎるんだよ」
 珪人はとっくに、気づいていたのである。巳咲がそれを知ったのは、牛乳ビンを運び終え、屋上に向かうその途中のことだった。

 「……ねぇケイト、バババーの机にあった、キリンのことなんだけど……」
 「ああ、あれって、例のヤツだろ?」
 「……え? 『例のヤツ』って」
 「だからぁ、ウサギと同じ……」
 「隠しカメラ入ってるって、気づいてたの!?」
 「……まさかオマエ、今さら気づいたのか?」
 「……ええ、つい、さっき……」

 巳咲は一人二役で珪人との会話を事細かに再現し、地団駄を踏んだ。
「知ってたんなら言えよ、もう!! 牛乳ビンは運ばされるしバカ女どもにはニラまれるし!! 損の重ね塗りじゃん!!」続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目次

第5章 スパイ #10



 どうして世の中には、こうもジャマ者が多いのか。

 巳咲は恨めしそうに、おかわりラッシュを見つめていた。

 ……こっちはもう片付けたいのに、給食と『ランチ食べ放題』をカンチガイしてないか?

 時間的には、そろそろ片付けて教室を出ても許される頃である。しかし、今日のメインが人気メニューのミートソースだった上に、給食当番が小心者だったため、おかわりをするヤツがいつもより多い。小心者は「全員に回らなかったらどうしよう」とチマチマ配るので、結果、一人当たりの量が少なく、ナベには大量に残るのだ。おかわりしてくれ、と言わんばかりである。

 モタモタしてたら、ハルが校庭出ちゃうよ!!
 
 逆恨みだとわかってはいるが……今日のメインをミートソースにした給食センターと、小心者の給食係と、何よりこのクソ暑いのに食欲旺盛なクラスメイトを、恨まずにはいられない。

 胃にブラックホールでも開いてんじゃないの、アイツら?

 おかわりに殺到する面々を見ていると、どうも、脳まで栄養が行き届いてないヤツが多いようだ。

身長にだけ栄養が行く人、運動神経で使い果たす人、ひたすら体に蓄積するだけの人……よく食うからデブなのか、デブだからよく食うのか……ここ1年で身長は5センチも伸びたのに体重は1グラムも増えない巳咲にとって、デブはナゾの生き物である。デブに運動オンチが多いのは体が重いせいなのか、それとも生まれつき運動神経が鈍く動かないからデブなのか……。

 ナゾの生き物について考えているうちに、やっとおかわりラッシュが終わった。
続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第5章 スパイ

第5章 スパイ #9



 今日は水曜日。巳咲と霞のクラスは、4時間目が自習になった。うれしいことに国語の時間、オペラーマンのなりきり朗読ショーを見なくていい。できればこのまま永遠に消えてほしい……と願う巳咲。
 オペラーマンこと担任は、プリントを配り、「終わったら次の漢字練習と〜、意味調べをして〜、ノートを提出してくださぁ〜い」とマッタリ言って、黒板にも書きつけた。
「もぉ〜し時間内に終わらなかったら〜宿題にしますからねぇ〜」
 どうでもいいけど、コイツのしゃべり方、どうにかなんねぇのか?

「あの、先生」
 誰も頼んでないのに、使命感に燃えた目で、すっくと立ち上がる委員長。

「先生のしゃべり方、どうにかなりませんか?」
 そんな気の利いたことを、この委員長が言うはずもなく。

「誰か代わりの先生は、来ないんですか?」
 もし誰も来ないなら、私がみんなを静かに自習させますから、と言わんばかり。

 誰もテメーの言うことなんか、聞かねーっつーの!!

「代わりの先生は、来ませんがぁ……」 
 担任は、クマのヌイグルミを、教壇机の上に座らせた。
「みんなの様子は、クマさんが、ちゃんと見ているからね……静かに、自習してくださぁい?」


「みんな、自分の席で自習してください!!」
 委員長の訴えも空しく、担任がいなくなったとたん、席の移動が始まった。
「ねぇ、ミサキちゃん」
 霞は巳咲の隣の席をキープして、机をくっつけた。
「わからないところは、教えっこしようね」
 そう言って、霞はさりげなく、鉛筆の先をクマさんに向ける。

〈……ねぇ、あのクマさんって、アレだよね〉続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第5章 スパイ

第5章 スパイ #8



「ねぇカスミちゃん、美園先生とは、うまくやっているの?」
 母のその一言で、霞は確信を持った。

 盗撮の主犯は……お母さん、アナタですね。

 できることならサスペンスドラマのように、断崖絶壁で母を問い詰めたいところだが。

 ……どうして今日は家にいるのよ、二人とも。

 なぜか今日に限って、父も兄も珍しく、夕食のテーブルに揃っている。これじゃあ、事件(?)の核心に迫ることなんて、できやしない。
 だって、ほら……

「美園先生って、新しい家庭教師の先生かい?」
「違うよ父さん、お茶の先生のことじゃないか?」

 この二人は『美園先生=ピアノの先生』ってことすら知らないんだから!! まったく、家庭を振り返らないにも、ほどがある。

 久しぶりの一家団らんで、母はすこぶる、ゴキゲンだった。
「美園先生はね、サヨ先生の後に、ピアノを教えてくれている先生よ」
 これもまた珍しいネコなで声で、美園先生のことを楽しそうに話して聞かせる。美園先生が来てから昨日でちょうど1周年だの、趣味が合うからいいお友達ができて楽しいだの……あんなクサレババアが友達だなんて、専業主婦の世界って狭いのね!!

「先生のおかげでね、カスミちゃん、前よりずっと上手になったのよ。そうだ、お夕食終わったら、お父さんとお兄ちゃんに弾いてあげたら?」

 ……マジで勘弁してくれよ、もう!!

 気づくとすっかり母のペースに巻き込まれ、ピアノ室でプチ演奏会が始まった。
 母は「ショパンを聴きたいわ」などと霞にねだり、父はとっておきのワインを開ける。
「約束通り、今年もちゃんと、見つけてきたよ」
 珍しく家族団らんしている訳が、ここでわかった。
「ほら、僕らが結婚した年に、作られたワインだ」
 そう、今日は、両親の結婚記念日なのである。

 ……ホントにマジで、勘弁してくれよ、もう!!

 父はプロポーズする時に、こんなステキな約束をしたそうだ。

 結婚記念日には、僕らが結婚した年に作られたワインを飲もう、たとえ50年後でも、君のために、何が何でも絶対に、探してみせるからね。

 まるで、フランス映画のワンシーン……でも、主役がこんなハゲ歯医者と厚化粧の主婦じゃあ、ねぇ……毎年こんなイタイ演技を見せられる、子供の身にもなってみろ!!続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 第5章 スパイ

秋生のモヤモヤ日記C



 7月1☆日(土) 晴れ
   星空キレイ度数☆☆★



「電話で写真が撮れる時代が来るなんて、ガキの頃は想像もしなかった」
親父が初めてカメラ付き携帯電話を買った時、「21世紀ってスゲエなぁ」って感動してたけど。

本当にね、21世紀って、スゴイよ。

だって僕も……「誰でも簡単に盗撮ができる時代が来るなんて、想像もしなかった!!」

さてここで、素朴な疑問コーナー!! 再び。

 Q.もし自分が、身近な人に盗撮されていたと知ったら、どうする?

 A.ブッ飛ばす。
 
これは僕ではなく、ハルでもなく、おしとやかなカスミちゃんの答えだ。

「べつに見られて困るようなことなんかないけど、そういう根性曲がったヤツは、ブッ飛ばす」


本当にね、最近のカスミちゃんは、スゴイよ。

ミサキちゃんいわく……

「あの泣き虫だったカスミちゃんがハルとケンカする日が来るなんて、想像もしなかった!!」


そういえば、ミサキちゃんの答えは、やけに具体的でした。

 A.もし、パパとママの仕業だったら、『必殺盗撮返し』だね!!

「カメラを見つけたら、パパの持ち物に、こっそり仕込んでやるんだ。もしパパが浮気してたら、大変だよね。夜中に二人で、『今日はミサキは何をやってたのかなぁ』って見てみたら、、パパの浮気現場が映ってるんだよ?」
 
本当にね……ミサキちゃんの想像力って、スゴイよ。

具体的に想像しすぎて、

「……そうか、そしたら家庭崩壊まっしぐらじゃん!!」

って、わぁわぁ泣いてたから。

……まぁ、良く言えば、純粋すぎるんだろけど。


ところでアイリーン、アナタのヒネクレた弟は、本気で疑ってますよ。

「オレは絶対、姉貴に何か仕込まれてる!!」

って、本気でカメラとか盗聴機探してるから。

……まぁ、良く言えば、アイリーンはそれほど『ケイティ』がカワイイんだろうけど。


でもね。
僕には、どうにも、理解できないんです。

だってさ。知らない方がいいことだってあるのに、どうしてわざわざ、探すんだろう。
posted by レイジ・レーベル at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋生のモヤモヤ日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。