第1章 熱帯夜 #1



                           
「ひ……必殺、内臓破裂、キーック!!」
 ゴツッ!! そのカタイ感触に驚いて、巳咲は夢から覚めた。
 夢の中で巳咲はキックボクサーであったが、どうやら技をキメた相手は人ではなく、壁のようだ。

 くそー、あとちょっとで『史上最年少、11才の世界チャンピオン誕生』だったのに。

 巳咲は額の汗をタオルケットで拭った。熱きバトルの名残なのか、とっくにエアコンが切れたせいなのか、もう暑くてたまらない。
「……うう、死ぬ……」
 手探りでどうにかリモコンを押したものの、しばらく眠れそうもない。だからってこんな時間にマンガ読んだりしたら絶対ママに叱られるし……。

 ……こんな時間?

 ネオンピンクで縁取られた壁時計は、午前2時を指していた。

 つまり今は……。

「う……うしみつどき?」
 草木も眠る丑三つ時……それはお化けのゴールデンタイム。
 巳咲は思わず息を殺し、枕にギュウとしがみつく。
 ああどうしてわざわざ聞き耳を立ててしまうんだろう、コワイのに変な物音とか怪しい気配を期待しちゃうのはナゼなの? 聞きたくないのに、つい、エアコンや時計の音の隙間に、呪いの声を探してしまう。それからほら、いつも見慣れたポスターに、じっと目をこらしたり。

 ……こういう時って、絶対そばに何かいる、って言うよね。

 恐怖を通り越して、なんだか楽しくなってきた、その時。
続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 01:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 第1章 熱帯夜

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。