第3章 毒虫 #6



「そうだよね!! せっかくミサキちゃんが本気になったのに」
 秋生は完全に、バンドのことを真剣に考えているのはボクとミサキちゃんだけだ、と思いこんでしまった。
「動機が不純だっていいじゃない! 照くんに会えるように、頑張ろうよ!!」
 そんなに嬉しそうな顔で「照くん」とか言われると、さすがに巳咲も否定できない。
「ミサキちゃん、今ボク、スッゴイこと考えちゃったよ!!」
 秋生は巳咲の肩を揺すり、鼻息を荒くした。
「あのね、落ち着いて聞いて。もしデビューしたら、ボクらのCDを、マーブのメンバーが聴くかもしれない!!」
「……えっ!?」
 思わず巳咲も、鼻息が荒くなった。
「つまり、照くんがミサキの歌を聴く、ってこと!?」
「そうだよ、そんで、結構気に入ってくれたりして」
「ええーっ!?」
「そんでそんで、ライヴ観に来てくれたりなんてことも!!」
「ギャーッ!!」
 秋生が「スッゴイこと」を言う度に、巳咲もどんどん盛り上がり、二人の妄想は加速をつけて暴走する。巳咲が騒ぎすぎるので目立たないが、実は秋生もマーブが大好きなのだ。
「ねぇアキオ、照くんが楽屋に来たら、どうしよう!?」
「『照くんに会いたい一心で頑張りました』!!」
「それをきっかけに、照くんとラブ……なんて! 年の差なんて関係ないし!!」
「うわぁ〜ズルイ!! ボクもウイちゃん(マーブのベース)なら男同士でもいいや!!」
 暴走しすぎて危ない発言が出るほどのテンションに、春樹も霞も慌ててこちらに戻ってきた。
「なーに二人で盛り上がってんだよ!!」
「そうだよ、私もまぜて!!」
 ……えー、どうするー? 巳咲とアキオは顔を見合わせもったいつけたが、暴走した妄想超特急を急停車できるほど、二人とも器用ではない。
「聞いて、みんな。バンドの未来は、明るいよ!!」
「明るすぎるよ!! もうこれこそ、ボクらの理想の形だよ!!」
 二人は全身から『希望』という名のまばゆいオーラを放ちながら、『バンドの未来』と『理想の形』を書き連ねたノートを公開した!!

 さて、巳咲と秋生が理想とする、明るすぎるバンドの未来とは!?続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 16:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 第3章 毒虫

第3章 毒虫 #5



「だってミサキちゃん、メジャーデビューして同じフィールドに立たないと、照くんに会えないよ?」
「会えなきゃ、オマエ、バンドやる意味ねぇじゃん」
「そうだよミサキちゃん、照くんに会うために、バンドやるんじゃない!!」
「……そうか、そうだよね」
 みんなに言いくるめられて、巳咲もプロ志向になった(?)ところで。
「とりあえず、みんなの意見をまとめてみようか」
 秋生はノートのページをめくり、『バンドのイメージ』を書き出していく。

 バンドのイメージ(もしくは理想像) 
 ・パンクバンド
 ・楽しければそれでいい。
 ・「みんなに伝えたいことがあるんだ」的なバンドは、ウザイからダメ。
 ・ミサキちゃんの歌では、救われない。
 ・メジャーで売れること。


「……これじゃ、ノーテンキで身の程知らずなパンクバンドになるんだけど」
 秋生はフッとため息をつき、責め立てるような目で、(春樹ではなく)巳咲を見た。
「マズイなぁ……だってミサキちゃん、フザケた歌詞作りそうだし」
「……は?」


続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第3章 毒虫

第3章 毒虫 #4



「……あー……名前ねぇ」

 ……とうとう気づいてしまったか、そこに。

「じいちゃんに言われるまで、オレら全然気づいてなくてさ」
「電話でね、バンド組んだ話をしたら、『で、名前は?』って」
「そんで、『ヤベエ、まだ決めてなかった!!』」
「……はぁ」

 ミサキは気づいてたけどね、バンドの名前はどうすんの? って。

「つーか五人もいるのに、なんで誰も気づかねぇんだよ!?」
「……私はてっきり、もう決めたものだと思い込んでいたよ」
「じゃあ聞けよ!!」
「……だってパートまで決まってたし……」
 重苦しい空気のトグロは、霞までをも飲みこんで。
「……たぶん、ケイトくんも気づいてない、よね」
「……いやー、バンドやること自体、覚えているかも疑わしいけど」
「つーかアイツ、何も考えてねぇだろ」

 いや、巳咲が思うに、たぶん珪人は、気づいていた。でも、名前を考えるのが(もしくは言うのが)面倒だから、黙っていた。

「盲点だったよ、名前がなければバンドなんか存在しないも同然じゃないか」
 そう、だから巳咲は、あえて黙っていた。そもそもバンドらしいことなんか何もしていないのだが。

「……まったく一生の不覚だよ、普通なら『バンドやろう』って時点で『じゃあ名前決めよう』って……」
 順番間違ってるよね、名前もないのに「作詞しろ」って。

「とにかく、名前! 何かねぇのかよ!?」
「そうだよ、ハルが考えたのなんか、野球とかサッカーチームみたいなのばっかりで!!」
続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 03:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第3章 毒虫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。