第5章 スパイ #4



 リストを調べていくうちに、思いがけないことがわかった。会員からの投稿は、ただのホームビデオではなかったのである。
 先週の映像を見た時、秋生だけでなく、春樹も珪人も、妙な違和感を覚えていた。
 
「先週は『イジメ特集』だったんだけど、『何かヘンだよね』って話してたんだ」
「だって、モロ、現場が映ってんだよ。あれはどう見てもヤラセじゃねぇよな?」
「うん、誰もカメラがあるなんて知らない感じ? しかも投稿だから、まさか親がそんなの撮れるワケないじゃない」
「コンパスがさぁ、腕にモロ刺さってんだよ!! そんで血がブアーッて、みんな血まみれ!!」
「……なぁハル、それは大げさじゃね?」
「でも、あれは完全に刺さってた!!」
「……まぁそれはいいとして、一番気になったのはね、カメラの動きなんだよ」

 最初に気づいたのは、珪人だった。なんか自分の目で見てるみたいじゃね? と。それだけ言って、寝てしまった。

「……つーかさ」
 話がまだるっこしすぎて、巳咲はイラついてきた。
「要するに『スパイ』って、『盗撮されてるかも』って言いたかったんでしょ?」
「……まぁ結論はそうなんですけど、ていうかもう、それで話終わっちゃうんですけど!!」
「いいから話させてやれよミサキ」
続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第5章 スパイ

第5章 スパイ #3



 秋生の話は、長かった。

「まず、ミサキちゃんが見た番組は、『ネバーランド通信』って言うんだよ」
 それは、『ネバーランド』と名乗る会員制サイト内の、いわゆるニュース番組だ。スタジオ発信のニュースと会員からの投稿映像に分かれていて、週に2度、月曜と金曜に更新されているらしい。それぞれ新しい順に整理されて、リストから見たい映像を簡単に探せるようになっていた。

 まず前置きで、霞が口を挟んだ。
「……ねぇアキオくん、それってどうやって見つけたの?」
 彼女はサイトの内容そのものよりも、情報源が気になったらしい。
「……それは、その……」
 口ごもる秋生の代わりに、珪人が答えた。
「ウチの姉貴だよ、アイツは何でも知ってるんだよ!!」
 いや、そもそもの情報源はこっちなんだけどね……そう言いたげな目を巳咲だけに見せて、秋生は話を続ける。

 とりあえず、先週金曜の映像を見てみた。スタジオはもちろん、投稿分も全部。巳咲が見たのは、その日の夜中だったからだ。しかし、フランス人形らしき物はいつまで経っても出てこない。
 途中で春樹が、サンドマンに怯えた。

 耳慣れない言葉に、巳咲は思わず、食いついた。
「……サンドマンって、何?」
「子供が夜更かししてると現れて、『早く寝ろ!!』って目に砂をブチ込むんだよ。眠いと目をこするだろ? それがサンドマン」
「あ〜、睡魔ってヤツ? ハルはそんなのがコワイの?」
「……うるせぇな、サンドマンはなぁ、そんな甘いもんじゃねぇんだよ!!」
「じゃあ『サンドマン』の歌でも作っちゃおうかな」
 話は脱線しまくりながらも、まだまだ続く。続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第5章 スパイ

第5章 スパイ #2



 とりあえず、巳咲と霞のケンカは、「アキオが悪い」ということで落ち着いた。
「アキオが朝っぱらから、あんなメール送るからだよ!!」
「そうだよね、あれがなかったら、わざわざミサキちゃんに電話しなかったよ!!」
 いや、マーブのポスターを破ったのはミサキちゃんの八つ当たりのせいで、カスミちゃんが八つ当たりされたのは空気読めなかったからじゃん、と言いたいところだが。
「……そうだね、普通に『早くウチに来て』って書けば良かったんだね……」
 秋生は素直に非を認め、その場を丸く収めた……。


 さて、やっと本題である。

「結論から言わせてもらうと、ミサキちゃんが見たとかいうネット放送は、ある種のスパイ組織と言えるんだ」

「……はい?」
 今度は『スパイ組織』かよ……さすがに巳咲も今回は、秋生のノリ(妄想)について行けない。
「つーかそれ、結論すぎてワケわかんないんだけど」
 すると珪人がいきなりパッと目を覚まし、叫んだ。
「そうか、スパイの仕業か!!」
続きを読む
posted by レイジ・レーベル at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第5章 スパイ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。